クリニック開業資金(費用)はどれくらい必要?気になる点を解説

開業資金費用相場

クリニックのご開業を考える際、いったいどの程度資金が必要何か気になりますよね?
今回はクリニック開業に必要な資金(費用)内容を解説します。
では、実際にかかわる費用はどの程度ひつようなのか、下記のポイントに分けて説明します。

開業資金(費用)の総額について

開業資金費用相場

クリニック開業に際し、必要な費用はテナント開業の場合、最も多いのが約8000万円から1億1千万円程度です。
開業形態が戸建て開業になる場合には、土地購入費用や建物建築費用が別途かかるため、大都市圏(関東・中部・関西)ではこれ以上の資金が必要となるケースが多いです。
ビルテナント開業でもどうしてそんなにばらつきがあるのか疑問ではないでしょうか?
その答えはご自身の専門科目やどれくらいの広さで開業するか、どの程度の設備を導入するかによって開業資金は変動してきます。
また、開業時に融資を受ける際には、医療特化型の会計事務所に相談されることをお勧めします。その理由は、融資を受ける際の金利や条件に大きくかかわるからです。
開業支援ドットコムでは、上記のような医療特化型の会計事務所をご紹介することが可能ですので、気になられた方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

開業時の相場賃料について

一般的な保険診療で開業する場合の賃料相場は、関西エリアでは坪単価の上限が高くても18,000円程度、関東都心部では上限が坪単価20,000円といわれています。理想的な経営を行うためには、月額賃料を坪単価15000円以内に抑えることがよいでしょう。
診療報酬は国が定めており、東京都心部や関西の中心部で開業しても郊外で開業しても収入が変わることはありません。
よって、開業費用を抑えるためには、周辺人口がどの程度いらっしゃるのか、的確に判断して開業場所を選ぶことで開業資金を抑えることが可能です。
その結果として、クリニックの安定的な経営につなげることにもなります。

クリニック開業が失敗するケースで一番多いのが、キャッシュフローが回らず廃業することが一番多い理由です。
具体的には、好立地な場所にこだわりすぎてクリニック相場以上の賃料を毎月支払い続けることや、広すぎる区画を借りることによる月額賃料の高額化、MRIやCT等高額な医療機器の導入し融資額が莫大になることが例にあげられます。
MRIやCTのような高額医療機器は開業初期段階から導入することはお勧めではありません。
高額な医療機器を導入することを検討している場合は、クリニック運営が軌道に乗ったのちに導入できるよう、あらかじめスペースを確保しておき適切なタイミングで導入することをお勧めいたします。

まとめ

いかがでしたか?
誰しも、ご開業時の資金繰りについてはご不安になられるかと思います。
設備投資や必要経費をうまく抑え、クリニック運営を軌道にのせることが大切です。

もしお一人では不安な場合、開業支援ドットコムでは、無料でご相談ものっていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. クリニック待ち時間対策

    クリニックの待ち時間対策について

  2. 開業支援大阪

    長期的なクリニック運営のための成長戦略と組織づくり

  3. 開業支援関西

    地域に根付くクリニックにするために

  4. 開業

    クリニック開業をさせたい方要チェック!失敗・後悔しやすい要素をご紹介

  5. 開業準備大阪

    クリニック開業の準備って何をするの?簡単解説

  6. 医療運営

    スタッフの負担軽減と患者満足度のバランスについて


Warning: Undefined array key "show_date" in /home/s0z0/s0z0.com/public_html/kaigyo/wp-content/themes/gensen_tcd050/widget/styled_post_list1.php on line 59
  1. クリニックの内覧会について

  2. 新患を増やし続けるためには

  3. 整形外科開業

    整形外科クリニックのための開業物件

  4. 開業内装図面

    クリニックと診療所の違いとは

  5. 開業支援関西

    地域に根付くクリニックにするために