診療圏調査についてポイント3つ

開業支援大阪

診療圏調査とは、開業希望地でどのくらいの外来患者数を見込めるかを算出する調査です。クリニックを開業するにあたって、診療圏調査は非常に重要な分析の一つとなります。 集患においての失敗を避けるため、開業後どのくらいの外来患者数を見込めるのかを、事前にシミュレーション してみましょう。
信頼性のより高い結果を導くために、交通機関や自然環境、人口、経済状況などエリア特性にあわせて、調査範囲や使用データを設定いたします。
ただし、診療圏調査の数字ばかり気になってしまうことは非常に危険です。
今回は診療圏調査でどこをどのように分析すればよいか解説していきます。

調査のポイント1 周辺医療機関調査

開業支援大阪

診療圏内の医療機関数や標榜科目を調査いたします。
詳細な調査の際には、地図上のデータだけでなく、現地へ赴いて本当に競合となりうる立地なのか、実際に標榜しているかどうか等も調査し、分析結果に反映いたします。
ご開業前の先生方には実際に現地で調査を行う時間はないと思います。
その際は、当社までご相談いただけますと周辺クリニックの詳細な情報(院長の出身大や現時点での患者予測等)をお調べさせていただきご報告させていただくことも可能です。
お困りの際にはお気軽にご相談ください。

調査のポイント2 人口調査

開業支援大阪

国勢調査に基づいた診療圏内の人口を調べます。
エリアの特性にあわせて、総人口・昼間人口と、男女別・年齢別の人口のデータを使い分け、信頼できる結果を導き出します。ご自身の患者層人口がどの程度いらっしゃるか、今後増える要素はあるか等をしっかりと判断していきましょう。

調査のポイント3 推定外来患者数の算定

開業コンサル大阪

競合の医療機関と、人口から割り出した推定患者数をもとに、クリニックを新規開業した際の外来患者数を算出いたします。
推定外来患者数は、開業時だけでなく、開業後の集患の参考にもしていただけます。
しかしながら、この推定患者数には立地の良し悪しや競合クリニックの現状は加味しておりません。数字が低いからといって必ずしもその通りになるとは限りません。競合となるクリニックより視認性が良い場所であったり、駅からより近い立地であったりすると、推定患者数は算出される数字よりはるかに上回る患者数が予測できます。
その逆として、住宅街等で周辺にクリニックがなければ予測患者数は良い結果で出てきます。この場合、周辺に視認できるものがなければどれだけ予測患者数が良い結果であっても思った以上の患者を集患することは困難です。
しっかりと適格に判断することはしっかりとした調査が必要になってきます。
当社では診療圏調査のご依頼は無料で承っておりますので、お気軽にお問合せフォームまでご連絡ください。。

関連記事

  1. 開業内装図面

    クリニックと診療所の違いとは

  2. 開業支援大阪

    クリニックの開業に必要なことは?

  3. 開業準備大阪

    クリニック開業の準備って何をするの?簡単解説

  4. 医療運営

    スタッフの負担軽減と患者満足度のバランスについて

  5. 開業支援

    医院継承とは

  6. 開業内装図面

    クリニックの内装図面で注意すべき点について


Warning: Undefined array key "show_date" in /home/s0z0202308/s0z0.com/public_html/kaigyo/kgy/wp-content/themes/gensen_tcd050/widget/styled_post_list1.php on line 59
  1. クリニックの内覧会について

  2. 新患を増やし続けるためには

  3. 整形外科開業

    整形外科クリニックのための開業物件

  4. 開業内装図面

    クリニックと診療所の違いとは

  5. 開業支援関西

    地域に根付くクリニックにするために